Yahooショッピングでポイント3倍!ヤフークレジットカード

ヤフー(Yahoo!)といえば、インターネット検索・ショッピング・オークションなどでお馴染みですよね。

 

こちらヤフーの子会社から発行されているクレジットカードが『ワイジェイカード』になります。

 

「Yahoo!Japan」の頭文字を取って、ワイジェイカードといった名称になっています。世間的には、ワイジェイカードと言うよりも『ヤフーカード』といった名称の方が浸透していますね。

 

なので、こちらのページでも¨ヤフーカード¨の名称で進めていきますね。

 

ヤフーカードは年会費無料で発行する事ができ、カード利用でTポイントが貯まるといった事が特徴です。

 

100円ごとにTポイントが1ポイント付与されるます。また、ネット通販のYahoo!ショッピングとLOHACOでヤフーカードを使った場合は、Tポイントが3倍となっているんです。

 

なので、Yahooショッピングなどを利用する方にはかなりお得なクレジットカードになっています。

 

このようにポイント還元率も高いということもあって、ついついカードを使ってお買い物をしすぎてしまい、カード支払日に「ヤバい、お金がない…」なんて場合もあるかもしれません。

 

もしヤフーカードの支払日にお金を払う事が出来ず遅れてしまったらどうなるのか?支払いができなくなった時の対処法について調べてみました。

ヤフーカード支払日はいつなのか?

ヤフーカードを利用する際は、まず月々の支払日がいつなのかを把握しておくことが重要です。

 

支払日に前月カード利用分の料金が口座から自動で引き落としされます。もしこの時に口座にお金が入っていなければ支払いする事が出来ません。

 

なので、支払日をしっかり覚えておき、それまでに口座に入金しておく必要があります。

 

ヤフーカードの支払日は、毎月27日となっています。毎月27日に前月カード利用分の料金が引き落としされます。ちなみに27日が土日祝日の場合は、翌営業日が引き落とし日となります。

 

支払い日にお引き落としする金額は、毎月20日または15日に請求金額確定として決定します。

 

請求金額を確認するには、インターネット上でヤフーカードの「カード会員」ページにログインすれば確認する事が出来ます。

 

なので、20日〜カード支払日までの間に請求金額を確認して、引き落とし口座にお金を入れておくようにしましょう。

 

ここで一つ注意が必要なんですが、27日が支払日なので、27日中に口座にお金を入れておけば大丈夫と思っている方がいるんですが、これだと支払いに間に合いません。

 

なぜかと言えば、27日の何時に引き落としされるかが決まっていないからです。早い場合だと朝一には引き落としされる事もあり、この後に口座にお金を入れたとしても再度引き落としされる事はありません。

 

27日に口座にお金を入れても支払い出来なかった、といった可能性もあるので、遅くても前日の26日までには口座にお金を入れておくようにしましょう。

 

支払いに遅れるとどうなる?

遅延損害金

支払日にお金を払う事が出来なければ、料金未払いとなり滞納扱いとなってしまいます。

 

このようになると、支払日翌日から「遅延損害金」が発生していきます。遅延損害金は支払い残高に対して年率14.6%の金利で日割りで発生します。

 

支払い残高を支払うまで1日ずつ発生してくるので、支払いが遅れれば遅れるほど支払う遅延損害金は高くなってしまいます。

 

遅延損害金は『支払い残高×遅延損害金利率÷365日×遅延日数』こちらの計算式でいくらになるか計算する事が出来ますよ。

 

例えば5万円の支払いが20日遅れてしまったとしたら、

 

5万円×14.6%÷365日×20日=400円

 

遅延損害金は400円となります。もちろんこれは、支払い残高の5万円とは別に損害金が発生するという事になります。

 

本来、支払日までに払っておけば払う必要のないお金なので、勿体ない思いをしてしまいます。

 

なので遅れずに支払いするのが一番なんですが、どうしても支払いに間に合わなくて遅れてしまった場合は、1日でも早く支払するようにしましょう。

 

カードの利用停止

また、遅延損害金が発生する以外にも、ヤフーカードが利用停止となってしまいます。

 

支払いが完了するまでカード利用が出来なくなってしまうので、家賃や携帯代・ネット費用などなど、カード払いにしている場合はカード決済できないといった場合も考えられます。

 

カードが止められることで、二重三重に困る事もあるので気をつけなければなりません。

 

ちなみに一度カードが停止されて復活するまでの期間は、支払いが完了して3〜5日後になります。

 

ポイントの取り消し

ヤフーカードを利用したらTポイントが付与されるんですが、支払いが遅れてしまうと支払いがポイントが取り消されて今う可能性があります。

 

支払日の翌月の25日ごろにTポイントの仮ポイントが正式に利用可能なポイントとして移行するんですが、この時にまだ支払いが未払いのままだとポイントが移行できなくなります。

 

なので、ポイントが取り消されてしまう前に支払っておくようにしましょう。

 

強制解除

滞納期間が長くなると、クレジットカードの契約が強制的に解除されてしまいます。また、同時に信用情報機関にブラックリストとして掲載されてしまいます。

 

このようになると、今後しばらく間クレジットカードを作る事も出来なくなりますし、住宅ローンや車のローンなど他のローン利用も難しくなってしまいます。

 

今後生活していくうえで困る事になるので、長期間の滞納は絶対にしないようにしましょう。

 

支払いに遅れた場合の対処法

支払いに遅れてしまった場合は、やはり1日でも早く支払いをすることが大事です。遅延損害金も最小限で抑えられますし、何より信用を失うという事を避ける事が重要です。

 

やはりクレジットカードなどの金融関係に関しては、信用面が一番大事になってきます。

 

支払いに遅れてしまったら信用なんてもう無いのでは?って思うかもしれないですが、そんな事ありません。

 

それからの対応次第でも大きく変わってきます。なのでちゃんとした対応をするのが大事になってきます。

 

ではどうすればいいのか?といった事になるんですが、支払いに遅れた際はすぐにヤフーカードの問い合わせ先に連絡するようにしてください。

 

お問い合わせ電話番号はこちらになります。

<ワイジェイカード コンタクトセンター>
0570-058200

 

こちらに電話をかけ、支払いが遅れる旨伝えいつまでに払えるか伝えるようにしておきましょう。このようにするだけで相手側への印象も良くなります。

 

この時に、振込先の口座も聞いておくといいですよ。

 

後リボ払いで延滞を事前に防ぐ

どう考えても次回の支払が出来ない…と事前に分かっている場合は、後リボ払いに変更して月々の支払額を少なくするのも一つの方法です。

 

支払額が少なくなれば、支払いが遅れるという事もなく支払日にしっかりと払っていける可能性が高くなりますからね。

 

後リボへの変更は、ヤフーカード会員ページから変更する事が出来ますよ。

 

ただし、後リボへ変更する期間が重要となってきます。

 

例えば5月1日〜5月31日までのカード利用分は、翌月6月27日に請求となります。

 

この5月分の請求額を後リボに変更して、6月27日の支払日に対応させるのであれば、6月5日までに後リボへの変更申し込みをしなければなりません。

 

6月6日以降になると、翌月の7月27日から後リボ払いの開始となります。

 

今回の支払いからリボ払いに変更したいといった場合でも、変更日によって翌月からとなってしまう場合があるので注意して下さい。