マイルが貯められるJALカード

JALカードは一般的なクレジットカードと違い、利用するたびにJALのマイルを貯めることが可能となっています。

 

JAL特約店でJALカードを利用すると、通常の2倍のマイルが貯められるといった事もあり、JALの飛行機を良く利用される方には馴染みのクレジットカードだと思います。

 

ではこちらのJALカードなんですが、万が一支払いに遅れてしまった場合はどうなるのか?支払えなかった時の対処法などについてまとめてみました。

JALカードの支払日はカード会社によって異なる

JALカードを利用するうえで、まず一つ注意しなければいけない点があります。それは、カード支払日(引き落し日)がいくつかあるといった事です。

 

どういう事かと言えば、JALカードの場合は利用しているカードブランドによって支払日が変わってくるんです。

 

「カードブランド」は、お持ちのカードに「VISA」や「JCB」というロゴマークが付いていると思います。こちらが契約しているカードブランドになります。

 

JALカードは、「Visa」「Master」「アメックス」「JCB」「ダイナースクラブ」と5大国際カードブランドに対応しています。また、Suica対応の「VIEW CARD(ビューカード)」にも対応しています。

 

基本的に、支払日は毎月15日締めの翌月10日(10日が土日祝日の場合は翌営業日)となっているところが多いです。

 

ただ、ダイナースクラブの場合は支払日は10日と同じなんですが、締め日が変わってきます。また、Suica対応VIEWCARDの場合は支払日も異なってきます。

 

・「Visa」「Master」「アメックス」「JCB」…毎月15日締め 翌月10日払い
・「ダイナースクラブ」…毎月20日締め 翌月10日払い
・「VIEW CARD」…毎月月末締め 翌々月4日払い

 

このように、カードブランドによって締め日・支払い日に違いがあるので、まずはどのカードを使っていて支払日がいつなのか確認しておきましょう。

 

支払いに遅れる場合の対処法〜すぐに問い合わせ先へ連絡する

JALカードの支払日になると、登録している支払い口座から自動的に支払い金額が引き落としされるようになっています。

 

この時に、もし口座にお金が入っていなければ当然ながら引き落しする事が出来ません。なので、支払日に合わせて口座に支払い分の残高があるか確認しておく必要があります。

 

たまたま違う支払いと被ってしまい、残高不足となって支払い出来なくなるケースもあるので注意しましょう。

 

また、口座にお金を入れておくのは支払日の前日までには行っておくことも重要です。当日中の場合だと引き落とし時間に間に合わないといった事もあるので、前日までに口座に入金しておきましょう。

 

万が一お金が足らず支払い出来なかった場合は、『支払い滞納』状態となってしまいます。支払い滞納する事で、支払日の翌日から『遅延損害金』が発生してしまいます。

 

利用残高と返済日からの経過日数が増えていく毎に遅延損害金も増えていくので、1日でも早く支払をすることが重要となってきます。

 

また、支払いが遅れる事でJALカードが使えなくなる可能性もあります。翌日に停止になるといった事はなかなか無いんですが、何度も支払い滞納を繰り返していたらすぐに停止になる可能性もあります。

 

支払いが遅れる事で信用度も落ちますからね。なので、支払日に遅れるのは出来るだけ避けなければなりません。

 

それと、支払いが遅れた際はすぐに問い合わせ先へ連絡しておくことも大事です。支払いが遅れた場合、カード会社からの連絡があるまでそのままにしている方がいるんですが、これは良くありません。

 

カード会社とは信用がとても大事になってくるので、支払いが遅れる場合はすぐに問い合わせ先へ連絡していつまでに支払いできるかしっかりと伝えておきましょう。

 

支払日を忘れていたなどちょっとしたミスで翌日には支払いできるような場合は、その旨伝えておくとカードが止められてしまうような事もないと思います。

 

また、滞納してしまった分の支払先などもこちらの問い合わせから確認する事が出来るので聞いておくといいですよ。

 

とにかく、『支払日に支払えなかった場合はすぐに問い合わせる』これが重要です!

 

問い合わせ先一覧

JALカードの問い合わせ先についてなんですが、JALカードの場合は「JALカードに問い合わせる」より「カードブランド会社に問い合わせる」ようにする方が良いでしょう。

 

マイルがどれぐらい貯まっているかなどカードサービス内容についてはJALカードに問い合わせのが良いんですが、支払い面に関してはカードブランド会社に問い合わせる方が早いです。

 

支払先はカードブランド会社になりますからね。なので、利用しているそれぞれのカードブランド会社に問い合わせるといいでしょう。

カードブランド別 問い合わせ先

<JCB>…0422-76-1700

<Visa・Master>…03-3770-1177

<アメックス>…0570-001103
<ダイナースクラブ>…0120-074-024

<VIEW CARD>…03-6685-7000

 

リボ払い・分割払いに変更して支払い滞納を防ぐ

お金が足りず支払日に払えそうにない場合は、リボ払い・分割払いに変更して月々の支払額を少なくするのも一つの方法です。

 

リボ払い・分割払いにすることで、支払日に支払い出来ないといった可能性も少なくなると思います。

 

一括払いと比べると手数料もかかってしまうんですが、支払いに遅れてしまうよりかは全然マシだと思います。支払いに遅れる事で、一気に信用面が落ちますからね。

 

なので、どうしても支払い出来ないといった場合はリボ払い・分割払いに変更する事も考えておくのが良いですよ。

 

ただし、リボ払い・分割払い変更できるのは「請求金額の確定日」の前までとなっています。この請求金額の確定日がいつなのか?という事になるんですが、カード締め日から支払い日までの間に確定するようになっています。

 

ちょっと正確な日にちに関しては言えないんですが、カード締め日までにリボ払い・分割払いに変更しておけば大丈夫です。

 

なので、ちょっと支払いが厳しそうだなって時は、カード締め日までにリボ払い・分割払いに変更しておきましょう。変更手続きはネット上からも出来ますし、問い合わせ先に電話して変更手続きをしてもらう事も出来ますよ。