楽天カードが支払えない時は?

最近テレビCMでもよく見かける楽天カードについて紹介しましょう。

楽天カードの特徴

楽天カードは100円の利用ごとに1ポイントが貯まるというメリットのあるクレジットカードです。

 

楽天市場や楽天オークション、楽天トラベルなどで利用するとさらにポイントが貯まりやすく、貯まったポイントを利用して買い物ができるといったメリットもあります。ネットショッピングをよく利用する人は持っていることも多いでしょう。

 

楽天カード

楽天カードのメリットは審査が早いという点もあります。ネットで審査をして問題がなければすぐにでもカードが作れます。

 

入会特典として、5000ポイントや2000ポイントプレゼントなどといったキャンペーンも多く、入会する人も多いです。年会費も無料という点も魅力の一つでしょう。

 

楽天カードにはさまざまなサービスが付帯しています。

 

クリックするだけでポイントがもらえるクリックポイントや、楽天ポイント加盟店で買い物をするとポイントがもらえる、Edy機能つき楽天カードというものもあり、Edyでお買い物をすると200円で1ポイント貯まるというサーボスもあります。

 

さらに、最大50,000ポイント還元があるという楽天カードラッキーくじのほか、海外旅行の際の優待などもあります。

 

楽天プレミアムカード会員であれば、空港ラウンジサービスも受けられます。さらにキャッシングサービスもあります。

 

楽天カードの支払いができなかった場合は?

 

楽天カードの支払いは基本的には口座振替です。口座を登録し、そこから引き落としされます。

 

入会したばかりで口座を設定していない場合は、コンビニ払いでの銀行振込が利用できますが、銀行振込の場合は振込手数料や利用代金の請求明細書は有料になります。

 

また、キャッシングの利用はできません。引き落とし日は毎月27日です。もし、残高不足で引き落としができなかった場合、自動で再度口座引き落としが行われます。

 

ただし、自動再引き落としサービスは金融機関が決まっています。その金融機関に登録をしていれば、自動再引き落としサービスを受けられることになります。

 

再振替がされるのは、引き落とし日から3〜6日後です。

 

対象金融機関ではない場合、または自動再引き落としの最終対象日前日までに準備できなかった場合は、指定口座への振込になります。振込口座はお客様によって異なり、また手数料がかかります。

 

楽天カードの場合、引き落とし日は27日と決まっています。その日を変更することはできません。

 

また、今月支払いができなかったからといって、翌月にまとめて2ヵ月分の支払いをしようとしてもできません。

 

また、電話連絡をして手続きをすれば、口座振替よりも先に返済をすることや、利用残高を一括で支払うことは可能です。

 

 

支払日に引き落としができなかった場合は?

 

楽天カードの場合、支払い日に引き落としができなかった場合は、楽天カードは使えなくなります。

 

あと、楽天カードが使えなくなる原因としては、カードの利用限度額を超えていることが挙げられます。

 

また、楽天では会員規約に書いてある通り、定期、もしくは不定期で再審査を実施しています。

 

その結果によっては、カードが利用停止になることがあります。または、磁気不良や破損、カードの有効期限が過ぎている場合も使用できません。

 

カードの更新は自動で行われるため、有効期限満了月の前月下旬から満了月の旬頃に請求書送付先に届くことになっています。

 

それが届かない場合は、カードの更新を見合わせているという可能性があります。

 

定期、不定期の再審査やカードの更新がされない、という場合は、支払いが滞っている、支払日に口座引き落としができない回数が多い、などが考えられますので、支払いは期日通りに行うことが必要です。

 

また、ショッピングの利用限度額にはキャッシングの利用限度額が含まれています。

 

例えばカードの利用限度額が50万円でキャッシングの利用限度額が30万円の場合、ショッピングで40万円を利用しているとキャッシング枠は10万円となります。

 

 

支払いを滞らせないためにはリボ払いがお勧め?

 

クレジットカードの支払いは一括で行わなければならない、というわけではありません。

 

楽天カードでもリボ払いや分割払いができます。楽天カードのリボ払いは利用残高が20万円までは5,000円、20万円〜は10,000円コースや20,000円コースなどがあります。

 

リボ払いは毎月の金額が一定となるので、支払い計画も立てやすいでしょう。リボ払いにするには、自動設定のほか買い物時に指定したり、買い物の後からでもリボ払いに変更したりすることが可能です。

 

リボ払いコースは初期設定ではショッピングが5,000円、キャッシングは8,000円で設定されています。

 

毎月支払う金額は、変更することが可能です。出費が重なり、支払い日に引き落としができそうにないときにはコースを変更することをお勧めします。

 

しかし、余裕がある場合は、まとめて支払っておくと利用可能額も増えますし、支払いも楽になります。

 

リボ払いにすれば毎月の支払額は減らすことができますが、その分支払い回数が増えてしまいます。

 

クレジットカードを使用すれば利息がつきますので、利息が増えるため、総支払額が増えるということを覚えておきましょう。

 

楽天カードの支払い方法は、1回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス1回払い、ボーナス2回払いがあります。カードの利用限度額の範囲で支払い方法を選ぶことができます。

 

部活払いの場合は、回数が増えるほど利息も手数料も高くなります。

 

クレジットカードの利用状況を把握しておく

 

カードの支払いが滞らないためには、クレジットカードの利用状況を知っておくことが大事です。

 

現在どれくらいの利用額なのか?今月の支払いはいくらになるのか?それを知らないと残高不足で口座引き落としができない、ということになりかねません。

 

また、限度額いっぱいまで利用していれば、お店で買い物をしたら限度額が超えていて買い物ができなかった、などといったことも考えられます。恥ずかしい思いをしないためにも、カードの利用状況は毎月確認するようにしましょう。

 

楽天カードでは「カード利用お知らせメール」サービスがあります。

 

加盟店でカードを利用した場合、カード承認情報やカード利用情報が楽天に到着します。その段階で、利用したお客様のメールアドレスにその内容を知らせてくれるサービスです。

 

いち早く利用内容が分かるので、万が一カードが不正利用されていたなどといったトラブルも早く発見することができるというメリットがあります。

 

楽天カードはポイントが貯まりやすいというメリットがあり、専業主婦や学生、フリーターでもカードが作れるという点で人気があります。

 

気軽に作れても、支払いはしっかりしていくことが重要です。楽天カードの支払い方法もいろいろあります。利息や金額を把握し、自分に支払いができる範囲で一番損をしない方法を選んできちんと支払いをしていきましょう。

 

「カード利用お知らせメール」などを利用して、カードの利用状況を把握しておくことも大切です。