いくら使ったか分かるように

クレジットカードは大変便利なアイテムで私も重宝しています。
クレジットカードを使う場面はけっこう多い、例えば普段の生活の買い物でスーパーマーケットでのレジでの支払いも私はクレジットカードです。

 

クレジットカードの良い点はレジでいちいち現金を財布から出さなくて良いことですよね、レジなどでお客さんが沢山並んでいる状態でお札を数えて用意したり、細かい小銭を取り出して計算して用意するのは意外と面倒で時間もかかる場合があります。そうならないようクレジットカードで簡単に支払うことができるのはとても便利だと思います。

 

そしてインターネットでの買い物でもクレジットカード決済を前提とするサイトが多いためクレジットカードがないと大変不便な面もあると思います。

 

そして、もう一つ便利な使い方が、クレジットカードで買い物をすれば明細書が届きますよね、その明細書がそのまま家計簿代わりに使えるのも私の場合は便利な一面になっております。

 

何を買ったのか、いくら使ったのか明細書を見れば一目瞭然です。お金の管理がそのままできるため無駄遣いしてないか管理できます。

 

しかし、こまめにクレジットカードの管理をしてないと大変な目にあうことも、何でもかんでもクレジットカードで購入していると、時々ですが、いくら使ったか曖昧になってしまい明細書が届いてビックリすることがあります。

 

そんな点が悪い点かもしれませんが管理さえしっかりしていればクレジットカードは便利なアイテムなんですよね。
支払いは私の場合はだいたい一括支払い、その方が管理がとても楽です。