アメックスが支払えない時は?

日本では買い物などに便利だから、という理由でクレジットカードを持っている人が多いと思いますが、海外ではクレジットカードはステイタスを示すことのできる重要なもの、という位置づけがあります。

 

そういった意味ではクレジットカードの種類によってもステイタスが十分に示せるカードを作るのがいいでしょう。

 

その一つがアメックスです。アメックス(アメリカン・エキスプレス・カード)は、国際ブランドカードの一つで、高いステイタス性があり信用価値も高いクレジットカードです。もちろんポイントが貯まる、マイレージが獲得できるなどさまざまなメリットもあります。

 

しかし、クレジットカードを持っても、支払いが遅延すれば利用できなくなります。

 

利用できなくならないためにも、アメックスの特徴や支払い方法などについてしっかりと把握しておくことが大切です。

アメックスの特徴

日本において30年以上の歴史があるアメックスは、高級ブランドカードとして知られています。

 

アメックス

定番のアメックスカードのほか、サービスが充実しているアメックスゴールドや経営者や事業主に対するサービスが充実しているアメックスビジネスゴールド、があります。

 

 

アメックスではメンバーシップリワードというポイントシステムがあり、クレジットカードを利用するたびに100毎に1ポイントが貯まるしくみになっています。

 

貯めたポイントは1ポイント1年で利用することが可能です。

 

ポイントの有効期限は基本的に3年間ですが、年会費3,0000円を追加し、メンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、有効期限は無期限になります。

 

ポイントはインターネットからの申込みやアメックスの指定した提携店でクレジットカードを利用すると、最大2〜10倍のポイントが獲得できるなどのボーナスポイント加算があるのも特徴です。

 

貯めたポイントは商品などに交換できますが、高級ブランドのバッグや服、自動車など高額商品がそろっています。

 

また、アメックスは最高5,000万円まで補償される海外国内旅行保険や、最高500万円まで補償してくれるショッピング保険など、高額保障の付帯保険がついているのも特徴です。

 

アメックスの支払い方法

 

カードを利用したら返済日にはきちんと支払いをしなければなりません。そこで重要なのは、支払い方法です。

 

アメックスでは一括払い、ボーナス・分割払い、ペイフレックスが利用できます。

 

一括払いは締め日まで利用金額を支払日に一括で支払う方法です。手数料がかからないのと、利用額は1ヵ月で支払いが完了するという点がメリットです。

 

ボーナス一括払いは夏または冬のボーナス月に一括で支払う方法です。手数料がかからず、毎月ではなくボーナスで支払えばいいというメリットがあります。

 

分割払いは、3、5、6、10、12、15、18、20、24回から選ぶことができます。分割払いの手数料率は変動しません。

 

ただし、支払いが遅れた場合は実質年率14.6%の遅延損害金が発生します。

 

アメックスのペイフレックスを利用する

 

アメックスではペイフレックスというサービスがあります。ペイフレックスに登録すれば、一括払いのほかリボルビング払いを利用することが可能です。

 

1回の利用額が設定金額以上の買い物に対して、自動的にリボルビング払いになります。
支払い方法を指定する手間はいりません。

 

また、Webサイトで増額支払いもできます。増額支払いの方法は金額を指定して支払う方法と、締め日残高の全額を支払う方法があります。

 

余裕がある場合は、増額で支払っておく方が支払いが楽になります。

 

また、設定金額は5,000円、2万円、5万円から指定できますが、最高20万円までがいつでも変更することが可能です。

 

支払いは一括払いとリボルビング払いの合算です。

 

リボルビング払いは利用残高が10万円までは月々3,000円の支払いですが、利用額によって支払い金額が変動する残高スライド方式です。

 

実質年率は14.9%。リボルビング払いの利用可能枠は審査によって、20〜150万円の範囲内で設定されます。

 

また、締め日の翌日に請求金額、支払い増額指定が可能な期間などといった情報をパソコンや携帯電話にメールで知らせてくれます。明細書を把握する際にも便利です。

 

引き落とし日に支払いができないとどうなる?

 

引き落とし日に支払いができない場合は、カードの利用ができなくなります。アメックスの場合、遅延をすると遅延損害金が実質年率14.6%が生じます。

 

また、信用を落とすこといなり今後カードの利用に制限が加えられることもあります。

 

信用を証明するクレジットカードですから、遅延を繰り返し信用がなくなれば、アメックスのカードを二度と使うことができなくなることもあります。

 

さらに個人信用情報に登録されることになり、新規でクレジットカードを作ったり、キャッシングをしたり、住宅ローンなどを組むことができなくなります。

 

他のクレジットカードの更新ができなくなる可能性もあります。

 

便利なクレジットカードですが、利用は計画的にするようにしなければなりません。

 

ただし万一のケガや病気で仕事ができなくなってしまい、支払いができないという場合もあるでしょう。

 

アメックスでは途絶える収入を補償する、経営者/個人事業主様向け所得補償保険を用意しています。心配がある場合は、加入をしておくと安心です。

 

また、アメックスではポイントを利用して支払いをすることが可能です。カード利用の代金としてポイントを充当することができるのです。

 

カード利用内容に応じた所定の換算レートでポイント数を設定し、ポイント交換をすれば合計金額が請求金額より差し引かれるというシステムです。

 

また、カード払いとの併用もできる旅行商品をポイントで購入することも可能です。

 

さらに、ポイントをその場で使える提携店の商品券に交換することもできます。

 

オンラインショッピングでもポイントを利用して買い物をすることができます。

 

ポイントが貯まりやすいアメックスですから、支払いにポイントを充当させるのはお勧めの方法です。

 

しかしポイントを当てにしなくても、無理なく支払いをしていくことが大切です。

 

そのためには、現在のクレジットカードの利用状況を把握しておくことです。

 

どれくらい利用しているのかを知らなければ、リボ払いが増額になっているかもしれませんし、利用残高が少なくなっていて、いざカードを使おうと思ったら利用限度額を超えている、ということにもなりかねません。

 

利用限度額を超えているということは、返済額も増えているということです。

 

引き落とし日にいくら支払わなければならないのかを把握しておかなければ、残高不足で引き落としができない、ということにもなります。

 

そうならないためにも、利用明細はしっかり確認しましょう。

 

確認し、カードを使い過ぎていないか?返済は無理な金額ではないか?などをチェックし、きちんと支払いをしていくようにしましょう。

 

アメックスはステイタス性が高く、信用度の高いクレジットカードです。

 

しかし、支払いができなければ当然、カードの利用はできなくなりますし、遅延を繰り返せば、アメックスのカードを二度と使えなくなることもあります。

 

遅延損害金も発生します。そうならないためにも、返済方法を確認し自分に支払っていける適切な方法を選び、確実に支払っていけるようにしましょう。

 

リボ払いなどを選ぶのであれば、余裕のあるときには増額支払いをして、できるだけ早めに返済をすることが大切です。