イオンカードが支払えない時は?

今回はイオンカードの機能や支払い方法、支払いができなかった場合などについて紹介しましょう。

イオンカードの特徴

イオンカードの中でも特にメリットが多いのがイオンカードセレクトです。

 

イオンカードセレクトにはクレジットカードのほか、イオン銀行のキャッシュカードと電子マネーWAONが一体化しているので便利です。

 

入会費、年会費、WAON発行手数料が無料。家族カードを作成することもでき、それも無料です。

 

イオンカード

クレジットカードのメリットであるポイントは利用金額200円ごとに1ポイント貯まります。

 

ポイントを貯めて、商品やWAONポイントに交換することができます。イオングループ対象店舗であれば、ポイントは2倍となります。

 

さらにイオンカードセレクトには特典が数多くあります。20・30日は全国のイオングループでの買い物はお客様感謝デーとして買い物代金が5%オフになります。

 

さらに5.・15・25日はWAONを利用するとWAONポイントが2倍になります。

 

さらに、イオンシネマの映画鑑賞割引やオンラインでのショッピングでときめきポイントが付与、毎月10日はイオングループでの利用でポイント5倍、イオングループ以外の加盟店ではポイント2倍、55歳以上の方は毎月15日はカードの利用代金が請求時に5%割引、などといった特典が充実しています。

 

またイオンカードセレクトには「ショッピングセーフティ保険」がついています。

 

クレジット決済で購入した1品5,000円以上の商品であれば、破損事故、火災事故、盗難事故に購入日から180日以内にあった場合、年間50万円まで補償されるという内容です。

 

クレジットカードに多い不正利用も安心。イオンカードセレクトには「カード盗難保障」もついています。

 

支払いを滞らせないためには

 

ポイント付与が多く特典も多いイオンカードですが、使い過ぎれば支払いができなくなります。それを避けるためにも、自分にできる範囲の支払い方法を選択することも大切です。

 

イオンカードでショッピングをした場合は、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、リボルビング払い、分割払いがあります。

 

毎月10日までの利用分を翌月2日に指定の口座から引き落としされます。

 

2回払いは利用金額1万円以上のショッピングに適用されます。

 

ボーナス一括払いも1万円以上の利用から適用できます。普段の支払いはキツイけれど、ボーナス時なら払えるという方にお勧めです。

 

ただし、会社の都合でボーナスが減額になった、などといった場合には注意が必要です。支払い日は夏は7/2、8/2、9/2、のいずれか、冬は1/2です。ボーナス2回払いは夏と冬のボーナスに分けて支払う方法です。

 

利用金額は5万円以上から。手数料が3%かかります。分割払いは利用金額1万円以上で、分割支払い金が3,000円以上の場合に利用できます。

 

リボ払いはいくらショッピングに使っても、毎月の支払い額が一定になる支払い方法です。支払い予定が立てやすいのがメリットです。

 

買い物後でもリボ払いに変更することが可能です。支払い額は都合に合わせて増やすこともできます。

 

余裕のあるときには少しでも多く返済をしておくことが、支払いを滞らせないコツです。

 

 

引き落としができなかった場合は?

 

イオンカードの引き落とし日は2日です。しかし、2日に引き落としができなかった場合はイオン銀行が引き落としに口座に設定されている場合、再度引き落としがされます。

 

引き落としができなかった場合は、3〜5日までに口座に入金を済ませておきましょう。ただし、3〜5日が土・日・祝日の場合は再度の引き落としができないので請求が別途連絡がくるのを待ちます。

 

また、イオン銀行以外の銀行を引き落とし口座に設定している場合は、再度の引き落としはしていません。

 

請求会社からの連絡を待つか、MyPage、テレホンアンサーで振込み口座を確認して振り込む方法があります。

 

ほとんどのクレジットカードはそうであるように、イオンカードも引き落とし日の変更は行っていません。引き落とし日を忘れないようにしておきましょう。

 

イオンカードにはマイページがあります。それに登録しておくと毎月の締日と引き落とし日を知らせてくれるので便利です。

 

さらに請求内容をwebで確認することが可能です。現在クレジットカードをどれくらい使っているのかを把握しておくことは重要です。

 

リボ払いにしてあるから大丈夫、と安心していると危険です。リボ払いは利用金額に対して支払う金額も変わってきます。

 

口座に余裕をもって入金してあれば問題ありませんが、自分の思っていた金額よりも高い金額が引き落としになってしまった場合、残高不足になって引き落としができないこともあります。

 

そのような事態を避けるためにも、利用代金や引き落とし金額は把握しておきましょう。

 

クレジットカードの支払いができないとカードは使えない

 

クレジットカードの支払いができなければ、当然カードは利用停止になります。

 

今まで給料日前で生活費が足りなくなったときにはカードで食事をしていたり、買い物をしていたりしていた人にとってはつらくなります。

 

クレジットカードに頼った生活をしていれば、カードが使えないのは非常に不便になるでしょう。

 

しかし、支払いをすませればカードは再度使えるようになります。ただし、何度も引き落としができないことが続くと、そのクレジットカードが使えなくなることもありますので注意が必要です。

 

二度とイオンカードが使えなくなるまでには、引き落とし日、再引き落とし日に引き落としができないと請求会社から請求書が届きます。

 

さらに支払いができないと電話連絡がきます。さらに支払いをしないと強制解約となり、カードが二度と使えなくなるのです。

 

支払いも一括支払いを請求されます。請求は滞納金額のほか今度支払う予定の金額、さらに延滞金を請求されます。

 

何度も延滞を繰り返していると、イオンカードが使えなくなるだけではなく、他のクレジットカードにも影響が出てきます。それは信用情報にその記録が掲載されてしまうためです。

 

イオンカード以外のクレジットカードを作ろうと思っても作れない、更新ができない、またローンを組めない、などといったデメリットも生じますのでクレジットカードの延滞は避けるようにしましょう。

 

イオンカードはポイントもたくさんつきますし、特典も多いので便利です。

 

イオングループは規模が大きく、買い物をしたり食事をしたりすることも多いのでイオンカードを使う場所は多くポイントもつきます。

 

だからといって使い過ぎると支払いも多くなります。

 

ボーナス払いにしてあるから安心と思っていると、予定していた額よりもボーナスが低くなってしまうという可能性もあります。また支払い日や支払い金額を把握していないと引き落とし口座の残高不足で支払いができないこともあります。

 

支払いができなければカードが使えなくなりますし、延滞が続けば二度とイオンカードを使うことができなくなりますので、注意しましょう。